1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

kg2007kwb

Author:kg2007kwb
HN:KG
HOME:AKITA

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: Apple

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DivX
DivX形式に書き出すとカックカクになるっていうのが気になっていろいろ試してみました。

まず『DivX7』をダウンロード。
コンバーターをインストールするためです。

コンバーターをインストールすると、『Quicktime Pro』と『MPEG Stremclip』でDivXコンバーターを使って変換できるようになります。

以前はこれで『Quicktime Pro』を使ってDivX形式に変換してたんですね。
でもカクカク。

ですので今回は試しに『MPEG Stremclip』で変換してみた。
aviのDivX Codec。
すると・・・カクカクしない!
おおー!

同じ動画で実験。
いつもYouTubeに上げてる方法です。
mpeg4のH264で書き出し。

比較しますと、DivXの方が10.5MB、mpeg4のが10.2MB。
それで画質はDivXのが若干よいですね。

まぁ設定にも依るんだろうけど、詳しいことはわからないのでプリセットの設定で比較しました。
これでなんとか前にできてたことが再びできるようになったってことで安心しました。
でもDivXは有料だからなぁ。
6ヶ月の無料期間が終了したらどうするか考えないと。
このくらいの容量と画質の差だったら別にDivX使わなくてもいいかな。
2000円くらいなら払ってもいいんだけど。

いろいろ書きましたが要はQuicktimeの書き出しがおかしかったってことだな。

そして非常に優秀な動画編集用アプリ『MPEG Streamclip』。
重宝してます。

さてボチボチスノーボードのビデオ編集進めないとー。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。