1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

kg2007kwb

Author:kg2007kwb
HN:KG
HOME:AKITA

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: バスケ

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

CHI@BOS
録画していたNBAを観てます。
いつものNHKのではなくてCSのだったかな。

■1Q
いきなりレイ・アレンが7点連取。
いい感じ。
ロンドも得意のスティールから得点。
と思ったらローズのカットイン。
そこから1点差まで追いつかれる。
1Qは両PGが目立ってますね。
走る走る。
特にCHIは早い展開が多いですね。
どちらもTOが多めですが。

■2Q
セカンドユニットの時間帯。
1Q終わりもそうだがネイト・ロビンソンのフェイクすげーな。
完全にディフェンス引っかかってんじゃん。
そしてCHIに移籍したスカラブリニさん!
BOSの観客からの完成が!
んでなぜか両チームともFGがない時間帯が続く。
KGとピアースのFGもない。
と思ったらロンドのスティールからKGのダンク!
久々に見たよぉー!
立て続けにビッグベイビーも得点!
そのあともKGダンクしてたなー。
1on1でディフェンス抜いてダンク。
KGはもっとこういうプレイを増やしてほしいなぁ。
ミドルにいっちゃうのが最近多いもんね。
第2Qはダニエルズが大活躍!

■3Q
やはりBOSは安定してるなー。
KGからロンドへのアシストのプレイはよかった。
しかし、トラベリングしたノアのボールをたたき落としたKGはよくない。
まぁ、熱くなるのがKGなのだが、例のトラッシュトーク問題直後の試合だけに特にKGが注目されている。
印象悪し!
BOSがリードしているがCHIも奮闘していてなかなか着かず離れずという状況。
そこでレイ・アレンきたー!
4pプレイ!熱すぎる!
BOSはベンチメンバーも得点稼いでるんですよね。
そこがいいですよね。
この3Qも最後決めたのロビンソンだし。

■4Q
と書いたら4Q早々にロビンソンの3p。
盛り上がる観客。
ロビンソンはムードメーカーだよなー。
でもいつの間にか4点差まで追いつかれてるBOS。
ここでカイル・コーバーのシュートが決まる。
コーバーとレイ・アレンのシューター対決というかフリーを作る追いかけっこが面白い。
残り5分で逆転!
さらにノアがポイント。
でローズがin。
ロンドとローズのPG対決。
ここまではロンドがしてやったりという感じだったけどここは互角!
でタイムアウト明け、残り4分のプレイでCHIは痛恨のターンオーバー。
逆転に次ぐ逆転の均衡を崩す。
ピアースも大事なところで得点を決めた!
しかしCHIも負けない!
おー、ここスゲーおもしれー!
残り1分で同点!
そして残り30秒でBOSタイムアウト!
こりゃ勝ったか?
しかしタイムアウト明けなんとまさかのターンオーバー!
マジかよぉー!!
CHIは最後ローズとロンド1on1。
ノアがピックにハイポストまで上がってきたが、それをローズが拒否。
ローズが突っ込むがロンドナイスディフェンス!
結局決戦はオーバータイムに。

■OT
まずはピアースが得点。
ギブソン、デイビスと点の取り合い。
コーバー、レイ・アレンも3pを決める。
コーバーに入れられた直後のレイ・アレンには痺れた。
ローズがフリースローで同点にするも、KGがパスコースに手を当ててターンオーバーに。
そこから流れがBOSに来たかな。
ローズがオフェンスファール。
BOSボールになってピアースがいいとこにパス、そしてレイ・アレンがダンク!
これはデカイ!
のこり30秒3点差でCHIボール。
しかし、KGがスティール!
CHIがファールしてデイビスがフリースローを決めて、試合終了!

熱い試合だったー。
満足満足。
試合後スカラブリニさんとKGが談笑してるのもなんか和んだな。
次のBOSの放送はどことかなー。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。