1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

kg2007kwb

Author:kg2007kwb
HN:KG
HOME:AKITA

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: スノーボード

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

スケートスタイル
思い出したかのように記事を追加しているわけだが、今日ふと思ったこと。
というか今日山に滑りに行ってさっき思ったこと。

今じゃスキー場に行けばグランドトリックは当たり前のように老若男女やってますね。素晴らしい。
なかにはすごく上手い人もいて、ぐりんぐりん回す訳ですよ。
今日も話題になったけどもノーリー720とかね。

で問題なのはここです。
その”ぐりんぐりん”を目の当たりにして「おー、すげー!」とは思えど「できるようになりてー!」と思わないところ。
これってどうなんでしょう?スノーボーダーとして。
でもなんかかっこいいとは思わないんですよね。
ジャンプにしてもそうです。
大会になれば高回転のトリックは点数伸びますよね。
でも自分が好いと思うトリックは違うんですよねー。
つまり自分に高回転のトリックは必要ないと思ってるんです。
なぜなんでしょう。

そこで閃きました”スケートスタイル”。
あの”ぐりんぐりん”は”スケートスタイル”じゃない!
「ぐりんぐりん≠スケートスタイル」なんです!
そう思ったらちょっと自分が誇らしかったです。

自分は20代前半はもうストリートメインで、街に雪がない場合に山に行ってました。
当時は”グランドトリック”なんて言葉も知らなくて、”バター”って呼んでました。
そのバターやジブをストリートで鍛えて、山でもそのスタイルで滑る。
まだその頃はグランドトリックなんてほとんどだれもやってなくて、やってるのは自分ら含め少数ってもんでした。
だから端から見たら極めてトリッキーな動きをしてました。
しかし今、山でグラトリがうまい方々はストリートで覚えられるバターと比べると遥かにトリッキーな動きをしているわけです。
これを追いかけること、よりトリッキーなトリックをマスターすることが”スケートスタイル”なのかと思っていました。
違うんです。
ストリートでやってるスタイルを延長して山でも滑ること。
これが”スケートスタイル”であると。
つまりストリートで滑ることが激減した今でも一貫していた!
これが誇らしい!

以上、なんと自己満な記事!
っていうか高回転のトリックやれってもできねーけどな!!

因みに自分が今練習してるトリックです。



だいたいできるけど、もっとキレイに決めたいな。
シフティを高くすることがキレイに見える鍵だな。
あと動画にも書いてあったけどシフティしてノーズが着いてから180するのが大事です。
そしてその為の先攻動作、メリハリ。


スポンサーサイト

Comments

No title
すごい良い日記です!
こういうの大事ですよね。
No title
>バブ雄さん
ありがとうございます。
自己満足の記事だっただけにそういってもらえると救われます。
今日も山にはいかずに滑ってきましたが、やっぱり自分の原点はこっちですね。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。